寒漉 和紙 長生殿

[ テーマ: 障子 ]

2016年1月15日09:45:00

こんにちは 山下畳商店
三豊・観音寺店です☆

障子ガラスのガラスを入れています。
今までどこに頼んでよいのか 
分からなかったと
大変喜んで頂いております(^^)b 

障子

雪見ガラスや
ガラス障子など綺麗に拭き上げ
桟も綺麗にお掃除しています☆

ガラス

今回は ガラス入りの建具でした。
順番を変えないように
マスキングでマークしています。

少しのサイズの差で入らないことがあります。
無理に入れるとガラスが割れたりしますから
必ず元の位置へ。
慎重かつ丁寧に作業を進めます。
ガラスの角で 新しく張った紙を
サクッと突いてしまわないように。。。

一緒に

ガラス


今回お選びいただいたのは
高級障子紙です。
弊社で人気の障子紙です♪

長生殿

大和国産 寒漉和紙 長生殿 雲竜

雲竜

雲竜と言うのは繊維を残して柄になっています。
長生殿の雲竜は他の障子紙と比べても
柄が豪華! はっきりと雲竜(柄)が分かります。
こちらは機械漉きの寒漉き和紙です。


手漉きの和紙は 二三判といって
漉く時の箱のサイズで大きさが決まっていて
60cm×90cmが多いです。
ですから
よくある高さ180cmサイズの障子建具であれば
手漉き和紙は三枚継いで張る様になります。
張る側も手間がかかり
貴重でそうそうは出ない為
材料もお取寄せ。
そこまで障子にこだわる方も
なかなかおりませんが
私は手漉きの和紙の良さも皆様に
お伝えできるようになりたいと思っています。
長生殿は機械漉きのメリット
巻きで製造が可能なので
弊社 常に商品あります。


良いものは残したいです。
畳も襖も障子も。
技術も材料も全部。
それには もっともっと私自身が
勉強しないといけないと思います。

先日愛媛県に表具の修行に
行ってまいりました!
またブログに書きますね♪

昔から紙は『寒漉』 が良いとされています。
一月から二月末頃の暦でいう所の
寒に漉かれる紙です。

気温が低いほうが
紙漉きに欠かせない ねりの粘性が
長持ちするのだそうです。

冷たい水で繊維がしまる。と学びました。
他にも冬の水が綺麗とも。

戸を閉めたまま
光を取り込む事が出来る障子。

畳にも襖にも障子にも
同じことが言えますが
湿気を吸ったり吐いたりして
調湿作用があり
健康維持にも一役買います。

梅雨のじめじめは 
不快感の
イライラの原因の一つです。
ビニールクロスで気密性の
高い新築。

調湿してくれるものは
どこにありますか??
 

天然素材の重要性。

ここは 欧米ではなく
春夏秋冬 四季のある
日本です。

なぜ日本家屋に
欄間があるのか
左官屋さんがなぜ漆喰を塗るのか
大事なこと忘れています。

晴れの日が続いたら
換気を心がけましょうね。

お部屋も明るく
気分も明るく 健康に。

動きの悪くなった建具の調整も
お任せ下さい☆

手漉きの和紙 是非使いたいです。
違いの分かるお客様
よろしくお願い致します(笑)

手漉きの現場も勉強に行きたいです。


香川県 山下畳商店

 

 

 

 

 

 

 

 

 


■この記事へのトラックバックURL

http://www.love-tatamilife.com/tatamiyome-m/tb.php/33002

この記事へのコメント (0)

この記事にコメントする

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)  

(入力すると掲載されます)

URL

タイトル

コメント (必須)

画像認証 (必須)

上の画像で表示されている文字を入力してください。

  

この記事へのトラックバック (0)