TOP > 寺社・仏閣の畳畳作品

寺社・仏閣の畳・畳作品

弊社の技能士達が手縫いで製作致しました作品をご紹介します。



繧繝縁 工場長
製作者 
山口晃平(山下畳商店)畳製作一級技能士  
 
香川県庁 畳作品展において
【 香川県知事賞 】
 かがわ技能フェスティバルにおいて
【 香川県技能士連合会長賞 】
作品名 
繧繝四方縁二畳台
(うんげんしほうベリにじょうだい) 
 作品名 御茵(おしとね)
~製作者のコメント~
藁床に板を締め込み、支柱を入れた本格的な二畳台となっております。
板の締め加減や藁床の厚みを調整して
縁の柄を出すのが非常に難しいです。 
 畳 屏風 平成三十年度香川県畳技能作品展
香川県商工労働部長賞
 
  
 畳 屏風  山口晃平 金七宝をあしらった畳屏風です。
玄関や床の間など小物を飾った際
品良く惹き立ててくれます。
 

 

尾崎氏 大きな円形
 作品名 四天付き半畳拝敷
(してんつきはんじょうはいしき)
【香川県商工労働部長賞】
 
作品名/円形畳 
 製作者 尾﨑達彦(山下畳商店) 畳製作一級技能士  製作者 尾﨑達彦(山下畳商店)畳製作一級技能士
~製作者のコメント~
紋の数、紋の合わせ方を事前の材料準備時に
注意しておかなければならないと学びました。
 
~製作者のコメント~
円形畳の使用範囲は神社仏閣で主に円座、
仏具台である。製作面で難しかった箇所は、紋縁に
しわ・型を崩さず縫う事です。
 尾崎くん 

 

大西 作 大西くん
【 香川県職業能力開発協会長賞 】


主に座具等の使用用途として製作致しました。

芯材にボード床を使用していますが 
つくりはなるべく
本式にのっとって製作しています。
四隅の紋を合わせ
上面からくる縁を歪ませず
側面で合わすのに苦労しました。

 

作品名/一畳台四方縁(いちじょうだいしほうべり) 
製作者/大西貴之(山下畳商店)畳製作二級技能士

 

お寺のお仕事~紋合わせ~

 

紋縁は畳のお仕事の中でも
高度な技術を要するお仕事です。

今回、お寺の紋縁畳の新調を
ご依頼頂きました。

『紋合わせ』がどの程度難しいものなのか
施工前の画像でご説明したいと思います。 
施工前
隣同士の紋が少しずれています。
欠けるだけでなく
下側は
ミミの部分が出てきています。
三代目は前準備の段階で
ミミの部
分は切っていました。
下準備で既に仕上がりに
差が付くことが分かります。
紋が欠けるよく目立つ敷居の部分(付きの方)で
紋が欠けています。
出合い框の角だけ紋を出して

そのまま縫った?という感じです。
ここはきちんと紋を出したい所です。
回し敷きこちらもずれていますが、
回し敷きの紋合わせは
縦にも横にも合わせなけらばならない
難しいところです。

畳の寸法の割り方、
紋の縮め方、縫い方・・・

工夫をきちんとしないと
揃わない難しい場所です。
 畳技能士たち増税前からご注文頂きましたが、
納品を待って頂きました。
落ち着いたときでないと
出来ないからです。

朝早くから皆頑張っていました!
当店施工後紋合わせ
 無事に納品することが出来ました。回し敷き
 紋縁神経を費やした紋縁の回し敷き  回し敷き
紋縁  ありがとうございました!!

  

~紋縁を現場で合わす手仕事~ 
 
天理教 本島大教会 様 畳の縁の交換をご依頼頂きました。
良い畳表が使われていたので先に畳縁が傷んでしまい紋縁の交換ご依頼頂きました。

 本島

 大教会様

 船で渡り行って参りました! 本島!

 200畳ほどある先、
一段上がった所の畳です。
 
        

 現場で手縫い!!

 現場で手縫い

上の4人で本島に行って現場で
手縫い
作業している時の写真です。 

 紋縁を綺麗に出す為に
 現場で手縫い致しました。

 
坂出市 西招寺様  畳張替えと畳新調をご依頼頂きました。

内陣    

内陣 

 内陣 二畳台 4台 表替 施工後

 熊本産 無着色綿ダブル

内陣

内陣

内陣左側 畳表替 八畳
現場にて畳張替行ないました

同じく 内陣右側 現場にて畳張替

 


☆オフショット☆
スタッフ全員畳製作一級技能士または二級技能士です!
畳製作一級技能士四名・畳製作二級技能士二名
表装二級技能士二名在籍 計八名 
社員全員 技能士です!!

黄綬褒章 畳職人
山下畳商店 会長の黄綬褒章授章式において。 香川県庁1階ロビーにおいて作品展
 円形畳製作  円形畳製作
 円形畳  円形畳製作 山下畳商店研修室にて


こちらの画像の全てを無断転載する事を禁止致します。

 

 

 

TOPかわいい畳縁・おしゃれな畳縁セキスイ美草(みぐさ)ダイケン清流カラー畳縁バックぎゃらり~置き畳(ユニット畳)販売中☆会社案内リンク集